NASAの画像に包まれた熱帯サイクロンエラ

Anonim

トロピカル・サイクロン・エラは、NASA-NOAA Suomi NPP衛星からの画像で中心部を中心にして、そして中心部を囲む雷雨の大きなバンドを持っています。

5月11日の11月13日(5月10日午後9時36分、EDT)、NASA-NOAAのSuomi NPP衛星に搭載された可視赤外イメージング放射計スイート(VIIRS)装置が、南太平洋の熱帯サイクロンエラの可視光画像を提供した。 VIIRS画像では目が見えませんでしたが、マイクロ波衛星画像では直径約20海里の明確な目が明らかになりました。

目に見える画像に加えて、アニメーションマルチスペクトル衛星画像は、定義された低レベルの流通センターに湾曲バンディングを巻き込んで雷雨を発生させることを示しました。

トロピカル・サイクロン・エラの最大持続風は、5月11日(東部午後11時、5月10日午後3時)に0300 UTCで、西方向に2.3 mph(2ノット/3.7 kph)で移動し続けたため、63 mph(55ノット/ 102 kph) フィジーのスバから北東へ約358海里、東経14.4度、西経177度付近に集中していた。

共同台風警告センターは、「環境分析では、(Ella)は海面温度が良好で流出が良好であるが、垂直風のせん断は中程度(15〜20ノット)である」と述べている。

エラは、低圧またはトラフの細長い領域がその地域に移動し、操舵の流れを再配向するため、次の12〜24時間にわたって南西に追いつくことが予想される。 エラはフィジーに近づくにつれて3日間で弱まると予想されている。

フィジー気象サービスはバヌアレブ、タベウニ、近くの小さな島々のために瓦礫の警告を残した。 LauとLomaivitiのグループとViti Levuの東部では、強い風の警告が有効です。

更新された警告と時計については、http://www.met.gov.fj/をご覧ください。

menu
menu