東芝、キーチップユニット販売承認を待つ

Anonim

東芝は、月曜日、規制当局がチップ販売を承認するのを待っていると発表した。

同社は9月に、米国の投資家ベイン・キャピタルが率いるコンソーシアムにメモリチップ事業を売却することで合意した。これは、数十億ドルの損失で浮き続けるために不可欠であった。

この契約の下で、東芝は3月23日までにすべての販売条件を満たし、3月30日までに完了することを期待していた。

東芝は、「しかし、必要な管轄区域における独占禁止法の承認に関する特定の条件の満足は、まだ確認されていない」と述べた。

「決算時期は決まっていないが、東芝はできるだけ早く取引を終了するつもりだ」と述べた。

東芝の広報担当ハラ・ミドリ氏はAFPに対し、「中国の反トラスト法だけが売り上げを押し上げている。

"我々は承認のためのタイムラインを知らないが、我々はまだ3月30日に取引を完了しようとしている。

メモリチップ事業を買収したベインが率いるグループには、米国の技術大手アップルとデル、そして韓国のチップメーカーSKハイニックスが含まれる。

東芝は米国の原子力エネルギー会社ウェスティングハウスを悲惨に買収した後、苦労している。ウェスティングハウスは破産保護の対象となる前に数十億ドルの損失を抱えていた。

生き残りと上場廃止を避けるため、現金を抱えるグループは、家電から原子炉に至る膨大な数の企業にクラウンの宝石であるチップ事業を売却することに決めました。

東芝は、チップ取引とウェスティングハウスの売却により、2月には今年度中に黒字になると述べた。

menu
menu