日本原子力発電所で被害調査ロボット

櫻壱號(サクラ イチゴウ) Sakura-1 (六月 2019).

Anonim

日本の産業団体が、2011年3月の地震と津波の後、福島第一原子力発電所のメルトダウンの被害調査用に設計された水泳ロボットを木曜日に発表した。

リモートコントロールされたロボットは、プラントの長年の廃炉プロセスにとって重要です。 しかし、原子炉内部の超高放射線と構造的損傷は、炉心に近い領域を検査する初期の試みを妨げていた。

開発者は7月に福島で第3号機の第1収容所に探査機を送って、被ばくの程度を調査し、放射能の多い水に沈められた爆発物の底部に落ちたと考えていると言う。

「ミニマンボ」、または小さなサンセットの愛称を付けられたロボットは、パン一杯の大きさです。 テールプロペラを搭載したライト、マヌーバを装備し、2台のカメラと線量計を使用してデータを収集します。

東京近くのテスト施設での木曜日のデモンストレーションで、プローブはレールからゆっくりと滑り落ち、水面を横切って移動しました。 チームは遠隔操作し、一方はロボットを誘導し、もう一方はデータを送信してライフラインとして機能するケーブルを調整しました。 探査機は、密閉容器のモックアップに入り、その光が濁った水の中で輝いていた。

当局は、原子炉の炉心の下の領域を照らすために、探査機が原子炉の深部まで泳ぐことができることを望んでいる。

日本は、2020年の東京オリンピックの後、原子炉の燃料を見つけて、原子炉から燃料を取り除きたいと考えている。

以前は、ヘビとサソリの形のロボットが2つの原子炉の中に詰まっていました。 サソリロボットのクロール機能が失敗し、プラントのユニット2格納容器の中に残されました。 「サソリ」プローブの残骸を掃除するために設計されたもう1台のカメラは、2時間後に2台のカメラが停止した後、総放射能暴露が1000シーベルトに達した後に呼び止められました。 計画は、1時間当たり100シーベルトの露出レベルで10時間ロボットを使用することでした。

示された水泳ロボットは、エレクトロニクスとエネルギー大手の東芝と政府の国際原子力研究所の共同で開発されました。

科学者は、溶融した核燃料の正確な位置を知り、3つの難破された原子炉のそれぞれの構造的損傷を理解して、燃料を取り除く最適で安全な方法を見つけ出す必要があります。

米原子力規制委員会(Nuclear Regulatory Commission)委員長のデール・クライン(Dale Klein)氏は、「燃料残骸は挑戦になるだろう」と語った。現在は、東京電力(株)の外交顧問を務める。 彼は、必要なデータを入手して燃料を取り除く方法を決定するのに、6ヶ月から1年かかる可能性があると述べた。

「彼らはどこにあるのかを特定しなければならない。そうすれば、それを取り除く能力を開発しなければならないだろう。これまで世界の誰もこれまでにこのような材料を取り除く必要はなかった。正確に、 "クラインは言った。

日本の関係者は、今夏の予備的な除去方法を決定し、2021年に作業を開始したいと言います.IRIDとそのパートナーは、日立-GE原子力発電所の「筋肉」アームロボットを含む他の基本ロボットを設計しました。三菱重工製の腕ロボットであり、原子炉の側面からゴミに近づくように設計されている。

東京電力は、現在の8兆円(700億米ドル)の設備廃止に苦しんでおり、予想を4倍上回った。 その費用の一部は、日本の公益法案に含まれます。

2011年のメルトダウンは、何​​万人もの住民が家を避難させた。 多くの場合、高い放射線レベルのために戻ることができません。

menu
menu