ELTの二次ミラーは、これまでに作成された最大の凸面ミラーブランク

Anonim

ESOの超大型望遠鏡(ELT)のための二次ミラーブランクの鋳造は、ドイツマインツのSCHOTTによって完成された。 完成した鏡の直径は4.2メートル、重量は3.5トンです。 望遠鏡やこれまでに製作された最大の凸面鏡で使用されていた最大の二次ミラーになります。

ESOの39メートルの超大型望遠鏡(ELT - //www.eso.org/public/teles-instr/elt/)は、2024年に初めての光を達成したときにこれまでに構築された最も大きな望遠鏡となります。現在の研究望遠鏡の多くの主鏡よりも大きい望遠鏡の二次鏡(M2)のキャスティングに到達しました。

ミラーブランクは、材料のキャストブロック(この場合はZerodurガラスセラミック)であり、完成鏡を製造するために研磨されます。

二次ミラーのブランクは、今度は遅いクールダウン、機械加工、熱処理シーケンスを経なければなりません。 その後、正確な形状に研削され研磨されます。 フランスのサフラン・リオス社は、これを追加テストとともに実施します。 ブランクは、光学表面全体にわたって15ナノメートル(1500万分の1ミリメートル)の精度で成形され研磨される。

完成して設置すると、M2ミラーは望遠鏡の巨大な主鏡の上に逆さまに吊り下がり、ELTの新しい5ミラー光学システムの第2要素を形成します。 ミラーは強く湾曲しており、非球面であり、製造して試験することが大きな課題です。

menu
menu