教授たちは、トランプ政権における気候変動の問題を反映している

Anonim

マンモハン・ソディ(ManMohan Sodhi)教授は、気候変動と自然災害の発生が米国経済に与える影響について、

トンプル大統領は現在、就任しているが、気候変動を緩和するために世界的な努力を弱体化させる恐れがあるが、米国の多国籍企業や米国に住む人々の利益になるだろう新任の社長が代表してくれる特定の利害関係者)の協力を得て、気候変動の協力を支持し、実際に強化する。

これは気候変動が文字通り悲惨であるだけでなく、気候関連の災害による物的損害に加えて、被災者の数も過去数十年にわたり指数関数的に上昇しているためです。

また、最も影響を受けているのは米国であり、最も影響を受けているのはアジアであり、多くの米国の多国籍企業が製造しているため、気候変動は米国経済の大きな問題となっています。

「災害による影響の分析は、次のように要約できます。

  1. 1965〜2015年の期間を分析すると、累積物的損害のほとんどと自然災害の被害者のほとんどは、洪水、干ばつ、暴風雨、地震によるものでした。 これらのうち、最初の3つ(および極端な熱などの他の災害タイプ)は気候関連です。
  2. 2000年から2015年の累計財産損害額を見ると、最も被害の大きかった国は米国です。 中国、インド、バングラデシュは自然災害の被災者の累計を占めていますが、米国はこれらの「指導者」の背後にあります。 さらに、アジアは大陸であるが、影響を受けた人々の総数(2000〜2015年)については他の大陸よりもはるかに先行しているが、北アメリカは財産の被害が大きく遅れず、今後数年間に他の大陸を上回る可能性が高い傾向に基づいて
  3. 洪水や嵐のような気候関連の自然災害による財産被害(1965〜2015年)の傾向は、10年あたり約250億ドルの成長を示しています。 これと比較して、地震などの非気候関連の災害については、10年あたり100億ドル以下である。 気候に関連した災害のために、10年間に約4, 000万人の人が増加しているのに対し、非気候関連災害の影響を受けた人の数はごくわずかです。 その傾向は、影響を受ける人々の数と被害者のためのアジアと北アメリカにとってより顕著であるため、北米は今後の気候関連災害による財産被害の「リーダー」であると主張している。

「この分析は気候関連災害と非気候災害の影響のみを相関させるだけであるが、最近公表された研究では、災害と経済が悪循環にあるという経験的証拠を提供した。

「もし災害が主に気候関連になっているとすれば、米国政府は、気候変動が逆転しないか、少なくとも減速しなければ、特に米国の経済が大きく苦しむことに留意すべきである」

マネージメントの教授であるBobby Banerjee氏は、米国の気候とエネルギー政策がトランプ政権下でどのように見えるのかについてコメントしました。

"ドナルド・J・トランプは米国の第45代大統領として就任しました。気候変動活動家や環境保護者にとって、未来は悲惨です.2016年が最も注目され、2000年以来最高の17年のうち16年が記録されました。今週金曜日の気候変動に関する世界的リーダーシップは、気候変動が「欺瞞」であり、地球温暖化の概念が中国人のために作られたと主張し、2015年のパリを「キャンセル」すると脅した人物気候変動を制限するための合意。もし私たちの楽観主義者が、これが大衆的なキャンペーンの約束であると感じていて、キャンペーンから統治に移るにつれて彼の気候政策に違いがあるとすれば、

環境保護局の移行チーム長であるマイロン・エベル氏とオクラホマ州のオクラホマ州検事総長を務める著名な気候懐疑的な気候懐疑的な人物も含まれていますプルリット、化石燃料業界の密接な同盟国でEPAを率いる。

プルート氏の指名と上院審問の継続審問は、政治評論家によって「超現実的」と述べられている。彼は過去6年間にEPAを14回訴え、自分自身を「EPAの活動家の議題に対する主導的支持者」と表現している。ほとんどあらゆる形でEPAを取り除くことを約束した上司のために働いています」

オバマ大統領は上院議員の承認なしにパリの同意を一方的に批准し、理論的にはトランプ氏が幹部に署名することができた法的・政策的専門家は、米国が正式に合意を撤回するには少なくとも4年かかると主張している。

これは、2025年までに2005年の温室効果ガス排出量を2005年比で26%から28%削減するという米国の誓約が、もはや拘束力を失うことではないことを意味している。すでに再生可能エネルギーの世界的リーダーである中国は、米国の撤退から戦略的に得られ、引き続きパリ協定を支持すると約束している。

オバマ政権の気候政策とエネルギー政策を逆転させることになるだろう」米国のエネルギー政策は、石油・ガス掘削や石炭採掘のために連邦政府の土地を開放することにより、石炭産業を復活させることは、おそらく環境的な理由からではなく、ガス価格の低さが石炭を非経済的な選択としたために不十分なままであろう。

確かに一つのことは確かです。準拠共和党議会では、石油とガスのロビーが米国の政治に及ぼす大きな力が大幅に増加し、それは地球にとって良いニュースではありません」

menu
menu