新しいプロセスははるかに低い温度で水素を生成する

汚泥乾燥機、廃棄物乾燥機。何でもござれ。2012.8.12 (七月 2019).

Anonim

早稲田大学の研究者たちは、早くて不可逆的で、より少ないエネルギーでより低温で起こる新しい水素の製造方法を開発しました。 この革新は、自動車や家庭用の燃料電池システムの普及に寄与すると期待されています。

水素は、通常、700℃を超える温度でニッケル触媒を用いてメタンおよびスチームから抽出されている。 しかしながら、高温は、広範な使用のために大きな課題を引き起こす。

関西康成教授(早稲田大学理工学部教授)が率いるグループは、150〜200℃の低温で水素を抽出する方法を開発しました。 このシフトは、水素燃料を生成するために必要なエネルギー入力を大幅に低減し、触媒寿命を延ばし、建設材料のコストを削減し、熱管理(冷却)システムの複雑さを低減する。

約150〜200℃の範囲でも、弱い電場(表面プロトン)を印加することによっても速い反応が可能であるとの報告は既にあったが、メカニズムは完全に理解されていない。

この研究では、反応中に触媒を観察することによってメカニズムを最初に説明するのはこのグループです。 プロトンは触媒表面に吸着した水をすばやく移動し、表面ホッピングプロトンは反応を低温で進行させます。 さらに、プロトンと吸着物の衝突は、反応の逆転を防止する。

この研究は、同じメカニズムが水素または水を含む様々な反応のための温度を下げることを可能にするので、商業的水素製造だけでなく多くの消費者製品にも適用可能である。 低温での排ガスと燃料との反応を生み出すことで、自動車のエネルギー効率を改善する研究に既に適用されています。

menu
menu