「保護」という名称で侵害された先住民の権利:国連

シバとバーロウ 母なる大地の権利 関連 福島原発 Democracy Now ! (六月 2019).

Anonim

世界の主要な保護団体の中には、先住民族の権利を侵害している先住民族の住民から、環境保全の名目で彼らを守るプロジェクトを支援している国もある。

国連特別報告者Victoria Tauli-Corpuzの最近の報告書には、アジア、アフリカ、ラテンアメリカの何百万人もの先住民に影響を及ぼす本来の同意慣行なしに、資源の抽出に使用されている殺害、

世界の最大の集まりであるホノルルで開催された国際自然環境保全連合(IPL)の会合で、大規模な保護団体の支援を受けているプロジェクトは、先祖の家から地元の人々を引き続き移しています」と語ったTauli-Corpuz氏は、保全指導者の

彼女は彼女の報告書で名前の由来を控えていたが、AFPに、世界自然保護基金(World Wildlife Fund)、保護国際協会(Comservation International)、野生動物保護協会(Wildlife Conservation Society)

彼女は10日間の会議のためにハワイに9000人の首脳と環境主義者を描いたIUCN会議の席上でのインタビューで「彼らは誰であるか知っている」と述べた。

「私が受け取った報告書から、これらの大きな保護団体は、何が起こったのかを説明すべき主要なグループの一部です。」

トラと人

昨年、ホンジュラス、ブラジル、フィンランド、ノルウェー、スウェーデンの北極地方のサミ族に旅行しました。

ホンジュラスでは、2016年3月に殺害される4カ月前に、彼女はアッカ・ザルカ・ダム・プロジェクトに対する抗議のため、先住民族のレンカ活動家、バータ・カセレスと会談した。ただし、米州委員会から予防的保護措置を受けていた人権について、 "と述べた。

ブラジルでは、Tauli-Corpuzは、「マオ・グロッソのカイオワ・グアラニ族の殺害と暴力的な追放が引き続き起こっている」と深刻な懸念を表明した。

サミの人々の権利に対する主な脅威の1つは、「鉱物採掘の増加と再生可能エネルギープロジェクトの開発」である、と報告書は付け加えた。

先住民族の権利を裏付ける非政府組織である権利と資源イニシアチブによれば、他の権利侵害も未解決のまま残されていますが、インドのカナハイ漁港での地元住民の追放も含まれています。エリア。

ネパールのクア地域は、500万人の人口を代表する先住民コミュニティの指導者と相談することなく、2014年に保護地域と宣言されました。

地元の人々はまた、カメルーンとケニアの自宅から強制されています。

「ネイティブの人々は、世界で最も危機に瀕した森林を保護するために最善を尽くしており、何十年にもわたってそうしてきました」とRRIコーディネーター、アンディ・ホワイトは述べています。

しかし、多くの保全機関や政府は、これをパートナーではなく、保全の障害としている。

拡大問題

先住民族の領土は、1980年の約350万平方キロメートル(2000万平方キロメートル)から2000年には600万平方キロメートルまで、過去20年間でほぼ倍増している「保護地域」にますます含まれているという。

伝統的な先住民族の土地は、地球の陸地面積の4分の1未満を占めるが、地球の生物多様性の80%を占めるため、特に貴重な傾向があるという。

確かに、問題の分野は政府によって最終的に管理されています。

しかし、保全団体は「資金を円滑にする団体」であるとタウリコーパス氏は述べた。

"彼らは政府にもっと圧力をかけるという点ではるかに多くを果たすことができる。

「古い物語」

保全の先住民に対するマイナスの影響は、2001年に先住民族の権利に関する特別報告者の任命が成立して以来、不変のテーマであると同報告書は指摘している。

確かに、この問題は、1872年にイエローストーン国立公園と1890年にヨセミテ国立公園に指定された土地から米国が暴力的にアメリカ先住民を追放した時代にまで、さらに遡ります。

野生生物保護協会の保存と科学担当のエグゼクティブバイスプレジデント、ジョン・ロビンソン(John Robinson)は、「それは古い話です。それは、今日、自然保護主義者たちが起こそうとしている話ではありません。

「特別報告者の報告書を見ると、彼女はほとんど歴史だけを話している」

しかし、フィリピンのコルディジェラ地方のカンカナイ・イゴロト(Kankanaey Igorot)の先住民であるタウリ・コーパス(Tauli-Corpuz)は反対した。

「彼らは古い問題だと言い、歴史のようなものだが、私は当然そうではない」と彼女はAFPに語った。

"それは正確に私がなぜ報告書を作成しているのかです。それは現在まで続くからです。"

新しいチャレンジ

世界自然保護基金(World Wildlife Fund)のマルコ・ランベルティーニ(Marco Lambertini)総長は、この報告書を「先住民族の保全権に関する優良慣行を推進する重要な貢献」と呼んだ。

「WWFは天然資源の保全と持続可能な利用のために、先住民族や地域社会と協力して取り組んでいます。

コンサベーション・インターナショナルの会長兼CEO、ピーター・セリグマン氏は同意した。

「ボトムラインは、自分の風景の選択と決定を行うための基本的な人権の核心です」とAFPに語った。

「私はそれに例外はないとは思わない」

タリコーパスは、今月下旬に国連総会に報告し、政府に権利濫用を中止するよう求めている。

その間、彼女は先住民族の権利を支持するために保護団体が「十分に行っていない」と述べた。

「これは自然保護に関する話だが、たまに話すだけだ」と彼女は語った。

menu
menu