NASA、ウィンストンがノーフォーク島の近くで崩壊するのを見ている

Anonim

かつてカテゴリー5の熱帯サイクロンウィンストンは、NASA-NOAAのSuomi NPP衛星が2月25日に早く通過したときに、南太平洋でも弱体化し続けていました。 今や亜熱帯で、ウィンストンは熱帯暴風雨でオーストラリアのノーフォーク島を脅かしていました。

共同台風警告センターは、嵐が南緯25.2度付近と東経172.8度付近に位置する2100 UTC(午後4時、東部標準時)に2月24日、ウィンストン(Winston)で最終報告を出した。 ウィンストンは当時、亜熱帯の嵐になり、40ノット(46mph / 74kph)付近で最大の風を持続しました。 南西に11ノット(12.6mph / 20.3kph)で移動していました。

NASA-NOAAのSuomi NPP衛星に搭載された可視赤外線イメージングラジオメーター(VIIRS)装置は、2月25日に風力せん断が暴風雨に悪影響を及ぼしており、システムの雲の中央を南側に押し込んだことを示す熱帯サイクロンウィンストン。 VIIRS画像はまた、嵐の北側に浅い雲を示した。 風のせん断にもかかわらず、亜熱帯の嵐ウィンストンはオーストラリアのノーフォーク島を脅かしていました。

ウィンストンが近づくにつれ、ノーフォーク島のオーストラリア気象局(ABM)が警告を出しました。 2月25日金曜日まで、島の熱帯低気圧警報が発令されました。

ABMは、2月24日(現地時間)、木曜日の夜、ノーフォーク島の北部に約200km(〜124マイル)を渡り、早く島の西北西約300km(186マイル)金曜日の朝、2月25日。それは強烈な風の構造を保持すると予想され、ノーフォーク島以上のカテゴリー1の熱帯低気圧に似た影響を引き続き有する可能性がある。

ABMは、より高い突風を伴う最大40マイル(65キロポンド)の風が、ノーフォーク島を越えて金曜日の早い時間に継続すると予想していることに留意した。 ウィンストンはまた、島の露出した地域で大きな砂浜侵食を引き起こす恐ろしい危険なサーフをもたらすと予想されています。 更新されたABMの予測と警告については、//www.bom.gov.auをご覧ください。

menu
menu