VWの次世代ゴルフでより多くの自己運転技術

【VW ゴルフ 3700km試乗 前編】...クゆえに求められるもの…井元康一郎 (七月 2019).

Anonim

フォルクスワーゲンの世界最大の自動車メーカー、金曜日には、次世代のゴルフモデルにさらに多くの技術を投入し、いわゆる「接続運転」を主流に深めていくと語った。

2019年の発売を予定しているVWのコンパクトカーチーフ・カールヘインツ・ヘル(Karlheinz Hell)は、2019年に発売予定の新型車は、絶え間なくインターネットに接続され、より自力を発揮し、

既存のゴルフモデルには、駐車支援、車線にとどまり、交通渋滞や緊急ブレーキング時の安全な距離維持など、さまざまな運転支援機能があります。

しかし、彼らは業界の経営幹部にぶつかった完全にハンズフリーの自走車のビジョンからは遠ざかっている。

1974年に最初のモデルが生産ラインを横断して以来、約3400万人がゴルフを買収しました.VWは、2016年にVWグループが販売した車両のうちほぼ10台を占めています。

「ゴルフの次世代は、フォルクスワーゲンブランドにとって最も戦略的に重要な打ち上げである」と、2020年にリリースされるオールエレクトリックIDシリーズと並んで、VWの取締役会メンバーであるラルフ・ブランドスタッター氏は述べた。

VWは新しいゴルフを開発するのに18億ユーロ(22億ドル)を費やし、ヨーロッパ最大の自動車工場であるドイツ北部のヴォルフスブルクにある本社ビルに建設する予定です。

Bentley、Porsche、LamborghiniからVW、Skoda、Seatまでの12のブランドを持つマンモスのフォルクスワーゲングループは、2015年に世界中の何百万台もの自動車の排気試験を不正行為することを認めた「ディーゼルゲート」スキャンダルを大きく揺さぶった。

2017年の同グループの販売台数は1070万台で、前年同期比で4.2%の増加となった。

menu
menu