キア、2年連続の新車品質調査を上回る

Anonim

キアは、2年連続の新車品質調査で一位を獲得した。

現代自動車が所有する高級ブランドのジェネシス(Genesis)は、JDパワーの年初品質調査で2位にランクされた。 JD Powerの広報担当者は、調査の30年史上初めて、2つの韓国ブランドがトップに立ったことを明らかにした。

ポルシェ、フォード、ラムがトップ5を切り上げた。 最も低いランキングのブランドは、フィアット、ジャガー、ボルボ、三菱、ランドローバーでした。

調査では、最初の90日間所有していた問題について、2017年モデル車の8万人のオーナーに質問した。 所有者は、貧しい音声認識システム、厄介なナビゲーション、スマートフォンと車のペアリングの問題など、技術について不平を言う可能性が最も高かった。

キアのオーナーは100台の車両につき72台の問題を抱えており、調査のトップに立つのに役立っています。 去年は、起亜のような大衆市場のブランドが高級ブランドをはじめて獲得しました。 前の15年で、トップスポットはレクサスかポルシェのどちらかによって開催されました。

また、昨年秋に発表されたコンシューマー・レポートの年間信頼性調査でトップ5ブランドにもなった。 コンシューマー・レポートの自動車試験担当ディレクター、ジェイク・フィッシャーは、このような調査で起亜が姉妹ブランドである現代の古いテスト技術を使用しているという理由の1つに挙げている。 新しい車や新技術をたくさん持っているブランドはランキングに入る傾向があります。

業界平均は97の問題でした。 フィアットのオーナーは、100台ごとに163の問題を報告した。

JD Powerは、今年の調査では、全体的に新しい車のクオリティが過去最高レベルに達し、昨年より8%改善したと語った。 ディスプレイやコントロールを除くすべてのカテゴリで品質が改善され、車線逸脱警告システムや死角検出などの新しい機能についての苦情が増えました。

ラム、アキュラ、ボルボ、フォードのランキングでも大きな改善が見られました。

menu
menu