幹細胞の不死性について

ES細胞 各大学へ提供される 不死不老も夢じゃない? (六月 2019).

Anonim

幹細胞は培養において不滅であると考えられ、したがって高齢化研究に大きな関心が寄せられている。 この不死性は、タンパク質の品質を制御するプロテオスタシスの増加によって調節される。 ケルン大学のCECADクラスターのDavid Vilchez博士が率いる研究チームは、増加したプロテオスタシスとヒト胚性幹細胞の不死化との間に関連性があることを見出した。 その結果は、オンラインリサーチジャーナル Scientific Reportsに 掲載されています。

ヒト胚性幹細胞は永久的であると考えられている。それらは老化せず、無期限に増殖し、生物の組織を形成することができる。 そのため、アルツハイマー病やハンチントン病などの病気に関連するような損傷タンパク質は蓄積しません。 このため、これらは特に高齢化研究にとって興味深いものです。 不死の根底にある機構の1つは、プロテオスタシスネットワークの重要な節であるプロテアソームとして知られる「ごみ処理システム」です。

プロテアソーム系における重要な関連性は、いわゆるE3-ユビキチンリガーゼである。 これらの酵素は、細胞を健康な状態に保つために分解のためのタンパク質をマークする。 「これはラベルを付けて機能していないものをマークするようなものです」と、この論文の主著者であるCECADのIsabel Saez Martinez博士は説明します。 「600種類以上のタンパク質を体系的にスクリーニングし、特別な関心のある30種類のE3リガーゼに絞り込んだ」

それらのリガーゼを見いだした後、ゲノム編集方法CRISPRおよびRNAiアプローチを用いてE3リガーゼのレベルをサイレンシングした。 著者らは表現型を見出さないことに驚いて、幹細胞は正常に機能した。 「これはタンパク質の冗長性によるものかもしれない」とIsabel Saez Martinez氏は付け加えた。 他方、彼らは、タンパク質分解活性の全体的な低下が、不死性とアップレギュレートされたタンパク質分解との間の関連性を提供する、胚性幹細胞の多くの固有の特性に影響を及ぼすことを見出した。 次のステップでは、これらのプロテアーゼの老化過程およびそれらの相互作用パートナーに対する影響を調べるべきである。

損傷タンパク質の蓄積は多くの神​​経変性疾患と関連しているので、幹細胞機能およびプロテオスタシスのプロセスをよりよく理解することで、これらの疾患のより良い治療につながる可能性があります。 「これらの病気の患者の多能性幹細胞を作っても、それらは毒性のあるタンパク質を持たないため、さらなる研究の結果、これらの病気を治療することができます」とDavid Vilchez氏は述べています。

この論文は、 Nature Scientific Reportsに オンラインで掲載されました。

menu
menu