アバター風の韓国人有人ロボットが最初のベビーステップを踏み出す

Anonim

人間のように歩くが、体重を支えて揺れ動く巨大な韓国人有人有人ロボットが、最初の赤ちゃんの歩みをとった。

ソウル郊外の部屋に、4フィートの高さ(13フィート)の1.5ton Method-2タワーの科学爆撃のベテランによって設計されました。

巨大な人間のような創造物は、映画「アバター」で主役を務める軍ロボットに似ています。

同社は韓国のロボット企業であるHankook Mirae Technologyのクリエイターによって、世界で初めて、約30人のエンジニアが火曜日の午後の初期テストを実施することに熱心であったと主張している。

「私たちのロボットは、世界で初めて有人の二足歩行ロボットであり、人間が行けない(保護されていない)極端な危険地域で働くように設計されている」とヤン・ジンホ会長は語った。

ロボットの胴の内側に座っているパイロットは、メソッド-2によって模倣された四肢の動きを作り、その金属アームの重さはそれぞれ130kg(286ポンド)です。

背の高い男の2倍以上の大きさのロボットは重く、モーターの大きな旋回で足を踏み外すと地面を揺らす。

自分のロボットを構築する子供を夢見ていたヤン氏は、2014年から2420億ウォン(2億ドル)のプロジェクトを「映画や漫画で可能だったように生きる」ために投資したという。

巨大なロボットの構築は、30年代半ばと後半の大部分の技術者にとって挑戦でした。前例のない規模は何も言及していないため、命名されることを拒否しました。

これまでのところ、ロボットの使用方法は不明です。 方法-2は、クリエイターが将来どのようなタイプおよびサイズのロボットを構築するための様々な技術のテストベッドとして、より多く見られます。

Method-2の作成者は、膨大な規模のメディアがメディアの関心を集めている一方で、プロジェクトの中核的な成果は、途上で開発し強化した技術だと言います。

「このロボットでこれまでに学んできたことはすべて、実際の問題を解決するために適用することができます」と、彼のFacebookページのデザイナー、Vitaly Bulgarovは述べています。

以前はトランスフォーマー、ロボコップ、ターミネーターなどの映画シリーズに携わっていました。

Yang氏は、製造業から建設業、エンターテインメント業まで、すでに問合せを受けていると述べた。

強く要塞化された北朝鮮の非武装地帯に沿って展開する可能性についても疑問が残っている。

しかし、電源ケーブルで縛られていて足元に少し揺らされていたロボットは、まだ完成していません。 創業者によると、バランスとパワーシステムにはもっと多くの作業が必要です。

「ロボットは1歳なので、赤ちゃんの措置を講じる」とヤン氏は語った。

「人間と同じように、今後数年でもっと自由に動くことができるだろう」

彼は2017年末までに100億ウォン(830万ドル)の価格でロボットの販売準備が整うと語った。

menu
menu