年間風力発電所の報告により、技術の進歩、性能の向上、低エネルギー価格が確認されています

ZEITGEIST : MOVING FORWARD 時代の精神 日本語字幕 CC版 (六月 2019).

Anonim

米エネルギー省が発表し、ローレンス・バークレー国立研究所(Berkeley Lab)の電力市場&政策グループが作成した年次報告書によると、風力エネルギー価格はユーティリティーや商業購入者にとって魅力的なままである。 新しく建設された風力プロジェクトの価格は、技術の進歩とコスト削減により、平均で約2¢/ kWhです。

「風力エネルギー価格(特に米国中部地域)は、低コストの選択肢として風力を選んだユーティリティや企業のバイヤーが揃っている」とバークレー研究所の上級科学者、ライアン・ワイザー氏は語る。 さらに、技術の進歩により、風力発電プロジェクトは、米国内で増え続ける場所で経済的に実行可能です。

米国エネルギー省の「風力技術市場レポート」の主要な調査結果には以下が含まれます:

  • 風力発電は、2015年に最大の米国発電能力増強源となった。米国における風力発電容量の追加は、2015年に急増し、8.6ギガワット(GW)の新しい容量に145億ドルが投資された。 風力発電は、2015年に米国の全発電容量増の41%を占めました。前年度の24%のシェアから大幅に増加し、過去最高水準に近づいています。 風力発電は現在、全国の電力需要の約5%を占めており、12州で合計発電量の10%以上を占めており、そのうち3州で20%を超えています。
  • より大きなタービンは風力プロジェクトのパフォーマンスを向上させています。 1998-99年以降、米国に設置されている風力タービンの平均容量は180%(2015年には2.0MW)に増加し、タービンハブの平均高さは47%(82m)に増加し、平均ロータ直径は113%(102mまで)増加した。 さらに、もともと風速が低いために設計されたタービンは、風力発電のより高い場所に定期的に配備され、プロジェクトのパフォーマンスを向上させました。 ロータ直径の増加は、特に、風力発電の能力係数を劇的に増加させ始めている。 例えば、2014年に建設されたプロジェクトの中で、2015年のキャパシティー・ファクターの平均は41%に達し、2004〜2011年には31%、1998〜2003年には26%
  • 低風力タービンの価格設定は、設置されたプロジェクト費用を押し下げ続けている。 風力タービンの価格は、2008年の一時的な高値から20%〜40%下落し、これらの減少はプロジェクトレベルのコストを押し下げている。 2015年に建設された風力発電プロジェクトの平均設置コストは1, 690 / kWで、2009年と2010年の一時ピークから640ドル/ kW減少しました。
  • 風力エネルギーの価格は非常に低いままです。 設置されたプロジェクトコストの削減と容量係数の改善により、積極的な風力発電価格設定が可能になります。 2009年に約7¢/ kWhでトッピングした後、風力発電販売契約の平均平準化価格は約2¢/ kWhに低下しましたが、この全国平均は主に最も安価な中央国の地域。 最近締結された風力エネルギー契約は、2040年まで延長されたガス焚き発電の燃料費の予測とよく匹敵する。これらの低価格は、従来の電力会社から、また企業などの非ユーティリティ購入者からの風力エネルギーへの需要を刺激した、大学、および市町村。
  • 製造サプライチェーンは、風力設備の国内需要の振れに調整を続けた。 風力部門の雇用は、2015年末に88, 000人のフルタイム労働者の最高水準に達し、タービンサプライヤーの収益性は過去3年間で概ね回復しました。 最近米国に設置されている風力発電プロジェクトでは、ナセル組立(85%以上)、タワー(80-85%)、ブレードとハブ(50-70%)の国内生産量は最高ですが、 %)。 最近の製造プラントの閉鎖は数多くありましたが、米国市場に対応している3つの主要タービン製造業者のそれぞれは、1つ以上の国内生産施設を運用しています。

menu
menu